「災害に強いまち中野」を実現!

■■実現力その1■■

▼2005年9月4日、中野区・杉並区でゲリラ豪雨による大水害が発生しました。鷺宮地域の妙正寺川周辺で、最大1時間雨量104ミリ、総雨量207ミリという猛烈な大雨が襲ったのです。中野区内では床上浸水が770件、床下浸水472件、小事業所の被害は284件、合計1,526件が浸水しました。

この日、自宅が床上浸水してしまった区民からの連絡を受け、久保りかはすぐさま被災者を区内の避難所へ誘導しています。さらに妙正寺川周辺で浸水してしまったお店や住宅を回り、深夜まで水や泥の汲み取りをお手伝いしました。

▼このような災害を再び起こさないため、久保りかは水害対策を積極的に進めてきました。久保りかは、中野区議会議員として初めて防災士の資格を取得地元消防団にも参加し、中野の災害対策に取り組んでいます。

中野区議会では水害対策の必要性を何度も粘り強く力説し、2013年には中野区白鷺1丁目に「妙正寺川
鷺宮調整池」が完成しました。豪雨により川の水位が危険水域まで上がったとき、地下の調節池に35,000トンの水を流しこめます。

さらに調節池の上の空間を利用して、2015年に「白鷺せせらぎ公園」がオープンしました。野球やフットサルを楽しめる運動場や、区民の憩いの場となる明るいスペースが確保されています。公園内には、災害発生時に使えるマンホールトイレも設置されています。

久保りかの提案によって、東京都屈指の充実した運動・防災公園が整備されました。

▼近年、全国各地でさまざまな自然災害が多発しています。

 2016年4月 熊本地震(最大震度7の地震が二度発生)

 2018年6月 大阪北部地震(最大震度6弱)

 2018年6月末〜7月初め 西日本豪雨

 2018年9月初頭 台風21号(関西国際空港が浸水。関西の広範囲が被害)

 2018年9月6日深夜 北海道胆振(いぶり)東部地震(最大震度7、北海道全域で電力供給がストップ)

 2019年2月21日 北海道胆振東部地震(最大震度6弱)

風水害だけでなく、首都直下地震の危機も叫ばれています。中野区でいつどんな災害が起きるかは、誰にも予想がつきません。「災害が起きてから」あわてて対応するのではなく、「災害が起きる前に」備える「防災・減災」「事前防災」を、久保りかは全力で進めてまいります!