「子育てが楽しくなるまち中野」を実現!

■■実現力その2■■

▼久保りかは幼いころ、両親の離婚にともない祖父母の手で育てられました。その後、父親の再婚と離婚、借金問題によって辛い青春時代を過ごします。

結婚・出産後、長男が髄膜炎(ずいまくえん)と敗血症との闘病生活を強いられ、長女の不登校、祖父のアルツハイマー型認知症の介護を経験してきました。そんな苦難を乗り越えた体験が、「一人一人に寄り添う政治家」「誰も置き去りにしない政治家」久保りかの原点となっています。

▼中野区内を足しげく歩き回り、久保りかはサーチライトのように注意を張り巡らせています。

幼稚園・保育園や学校周辺で注意が必要な場所は、中野区の行政に速やかな道路の舗装を依頼したり、立て看板を設置してきました。

「子どものとびだしに注意」

「幼稚園あり」

「左折禁止」

「右折車両の巻き込みに注意」

こうした立て看板で注意を喚起することによって、予期せぬ交通事故を未然に防げます。自身の子育ての経験に照らして、母親目線の安全配慮を地域で実現してきました。

▼中野を「子育てが楽しくなるまち」にするため、久保りかは新たに出産後のデイケアサービスを実現しました。2018年4月にデイケアサービスをスタートしたのは「しらさぎふれあい助産院」(中野区白鷺2丁目)です。この施設は中野区からの業務委託を受け、育児・母乳相談のほか、出産後のママがゆっくりランチを楽しめるサービスを提供しています。

出産後のママは24時間ひっきりなしに授乳や赤ちゃんの世話に追われ、睡眠時間も十分確保できません。産後ウツになってしまうお母さんもいます。きめ細やかな産後ケアは、虐待予防にも直結します。

久保りかからの強い働きかけによって、子育て世代を守るためのセーフティネット(安全な場所)が誕生しました。中野を「子育てが楽しくなるまち」にするため、これからもさらに子育て政策に尽力していきます!