認知症高齢者グループホーム“ほっとステーション鐡庵”

4月15日(金)昼、高倉良生議員(都議選予定候補)をはじめとする公明党区議団は、6月1日にオープンする中野区初の認知症高齢者グループホーム“ほっとステーション鐡庵”(安福清子代表、今井康明ホーム長)を訪問しました。

この施設の建設された場所は、神田進さん(故人)のご家族が、区の福祉事業などに利用してほしいと約500m2の土地を中野区に寄贈されたものです。

入居定員18名(1ユニット9名)、全室個室です。施設の見学後、高倉良生区議を中心に懇談を行い、入居者の申し込み状況などをうかがいました。

明るい室内と、高齢者に対する配慮の行き届いた施設に、地域からも期待の声が寄せられています。