若宮小学校の芝生化された校庭視察

5月2日、文教委員会として、若宮小学校の芝生化された校庭を視察して参りました。度々、校庭の外から覗いていましたが、ようやく養生シートも外れ、芝生が顔を出しました。
中野区第1号の芝生の校庭は、工事費、備品購入費、合計37,662千円、全額東京都からの補助金です。この東京都の補助も昨年度のみの単年度の事業ということで、若宮小学校としては、ラッキーでした。10か年計画にも、芝生の校庭の計画があるのですが、今後、どう予算を捻出するか、考えなくてはならないところです。私は、以前にも芝生の里親制度を提案しています。個人的には、第8中学校の上校庭を地域の方たちの協力を頂いて、芝生の里親になってもらい、芝生化できれば良いなぁと、思っています。
若小の近隣の方に、芝生化の話をしたところ、これで、校庭の砂煙が静まると、大変喜ばれました。同様の声は、担当の職員の方も聞かれたようです。
9月7日が、「芝生開き」だそうです。青々と、元気な芝生の上を子どもたちが裸足で走り回る光景を思い浮かべると、わくわくしてきます。