印鑑登録原票に記入が義務付けられている性別記載欄を削除

性同一性障害を抱える人々が普通に暮らせる環境づくりを推進!
区議会公明党の提案で、印鑑登録原票に記入が義務付けられている性別記載欄を削除することになりました。
すでに、10月議会で、公明党の梁川妙子、久保りかの両議員が性同一性障害の人々から受けた要望を基に提出した「性同一性障害を抱える人々が普通に暮らせる社会環境の整備を求める意見書」を全会一致で可決しています。「印鑑条例の一部を改正する条例案」は、こうした流れを受けたもので、これ以外の項目についても順次、準備が整い次第廃止していくことにしています。