久保りかHP

竹谷とし子参議院議員と共に、スーパーエコタウンを視察。
http://www.ecotown-tokyo.jp/

バイオエナジー(食品廃棄物バイオガス発電施設)では、食品廃棄物(生ごみ)を微生物分解によりメタン発酵させバイオガスを生み出し、燃料として発電、さらに都市ガスも作り出すという実証実験の施設を視察。

アルフォ(食品廃棄物飼料化施設)では、同じく生ごみが油圧減圧式脱水乾燥法により飼料化する工程を視察致しました。 ここでの生ごみは、家庭ごみではなく、食品廃棄物主にコンビニや百貨店の廃棄の食品です。アルフォでは、学校給食の残飯を処理施設で活用していました。
現在の生ごみを受け入れ処理出来る最大量は、1日168トンとの事です。
これから第2施設が建設予定との事ですので、中野区の給食の残飯も是非活用して欲しいと思いました。

久保りかHP
久保りかHP