コミュニティバス(愛称:なかのん)

上鷺宮・鷺宮地域から中野駅までの直通のコミュニティバスのバス停が決まりました。

10月20日の中野駅周辺整備・交通対策特別委員会で、上鷺宮・鷺宮地域から中野駅周辺へ直接アクセスできるコミュニティバスの運行に関する説明があり、バス停留所の発表もありました。
コミュニティバス(愛称:なかのん)に関する詳細な内容は、

1.運行主体は、関東バス株式会社になります。

2.中野駅北口から早稲田通り、環状7号線、新青梅街道を経由し、上鷺宮5丁目、鷺宮6丁目を運行し、杉並区井草2丁目までの往復。片道約6.5kmです。

3.運行時間・回数は、概ね午前8時から午後6時台まで 1日27便(25分間隔)
中野駅方面(八成小学校発)  始発:午前7時50分  終発:午後6時40分
井草2丁目方面(中野駅)   始発:午前8時35分  終発:午後6時10分
片道の所要時間は約30分

4.運 賃
大人:210円、小人:110円
(シルバーパス、バス共通カード等利用可)

5.バス車両・台数
小型・ノンステップバス4台(3台で運行、1台は予備車)

6.運行開始時期
平成17年11月末から12月初め

このバスの運行に関しては、地域の方からの長い間の要望であり、久保りかも議会での質問などを通じ提案してきたことです。いち早く、皆さんにお知らせしたいと思いホームページに載せることにしました。